公務員からの転職

出産昔は公務員になれば一生安泰だと思われていましたが、今は決してそうとは言えません。また、女性の場合には、結婚や出産を経て公務員として復職が難しいケースもありますし、家庭事情によっては雇用形態を変えなければならないこともあります。そのため、公務員として就職をしても一生公務員として働き続けることが難しいこともあるのです。そのような時のために、仕事をしながら、様々な資格に挑戦しておくと、転職時にとても有利に働くのです

また、あまり知られていませんが、行政書士や司法書士、中小企業診断士、弁理士、税理士、社会保険労務士、といった難易度の高い資格試験を無試験で習得することができるという公務員に飲み与えられている特権があります。勤続年数によってそれぞれの資格が取得できるまでの期間には違いがありますから注意が必要です

これらの資格を取得するために多くの人が何年もかけて勉強をしています。資格を取得すれば公務員を退職してからの仕事を続けることができますし、独立して仕事をすることもできますから是非知っておきたいことです。まこれらの資格を用いて就職する際にも資格を取得しておく方が転職活動には有利といえます。

また、退職までにお金を貯めて本格的に専門学校へ通うというのも一つの方法です。年齢層などを気にする必要は全くありません。勉強することに年齢など関係ないからです。専門学校へ通うとなるとそれなりの金額を用意しておかなくてはなりませんが、まったく畑の違う職業へ転職を夢見ている場合などは、じっくり学ぶことが出来る専門学校がおすすめです

転職となると、決断に時間がかかってしまうかもしれませんが、人生は一度キリです。興味があって学べる時間が作れるのであれば、ぜひ新しい道を目指してみてくださいね。

有利な資格

表彰一般企業の中には就職後、職務を行いながら資格を取得すると資格手当がもらえたり、金一封が授与されたり、表彰がされたりというシステムがある企業もあります。資格を取得することで社内の業務に貢献ができるということで得られるものです。

しかし、公務員にはこのようなシステムがありません。そして、資格を持っていたからといって出世に有利になるというシステムもありません。そのため、公務員として働いていると資格取得とは無縁であると思う人も多くいます。しかし、取得しておくことで将来的に役立つことはたくさんあるのです。

例えば、英語のスキルアップをしておけば、窓口業務の際に英語しか話せない人や他の国の言葉をしゃべる外国人と英語で話ができて対応ができるケースもありますし、パソコンの技術を習得しておけば、仕事の中でパソコンの作業の効率化が図れたり見やすくわかりやすい資料が作成できたりということがあります。直接的に資格があるということで査定に良い影響が出なくても、資格取得のために学んだ知識のおかげで社内の評価が上がるということは十分にあるのです。ですから資格を取得して損はないですし、業務に関わりのあるもの、持っていると役立ちそうだな、と思える資格には積極的に挑戦するべきなのです。

公務員の資格取得

スーツの男性公務員になれば将来が安泰であるということが昔はよく言われていました。一生働くことができる、福利厚生が充実している、時代の波に左右されない、様々なことを言われ、両親が子どもに就いて欲しい仕事の上位に長年ランクインしている仕事です。しかし、公務員にも様々な種類があり、その仕事によっては一般企業と変わらない大変さであることはもちろん、生涯年収だって一般的なサラリーマンと変わらないこともあります。そして、公務員として働いていればそれで良いわけではありません。

公務員として働いていく中で、昇級するために仕事を覚えたり、辛い業務をこなしたりすることはもちろん必要です。公務員だから楽に毎日座っているだけで給与が得られるというわけではありません。楽が出来て安定した給与が得られると思っていたら、大間違いで仕事が満足にできなければ昇級することもないですし職場内での居心地の悪い暮らしをすることにもなります。向上心を持って仕事に当たらなければならないものなのです。そこで、ここでは公務員が働く中で持っておくと有利な資格と資格取得の注意点について紹介をしていきます。

また、資格を取得するのではなく、公務員での勤続経験があることによって得られる資格も中にはあります。そこで、ここでは公務員になったことで資格取得ができるものについても併せて紹介をしていきます。これから公務員を目指している人、今現在公務員として働いている人は是非参考にしてください。